【1人暮らしをおしゃれに】夏を快適に過ごすラグマット7選!!

家具・家電

【1人暮らしをおしゃれに】夏を快適に過ごすラグマット7選!!

 

1人暮らしのワンルームでもおしゃれなラグマットを敷きたい!!

おしゃれなラグマットだと、モコモコしてる物が多かったりして、春や夏の暖かくなってくる時期には少し使いづらいなと思ったことがあると思います。

そこで今回は春や夏でも使いやすく、インテリアとしてもおしゃれなラグマットを紹介していきます。

この記事でわかること

・ラグマットの選び方
・素材による効果
・夏のラグマットに欠かせない効果
・おすすめラグマット
これで機能性もありつつデザインもいいラグを敷くことが出来るので、いつ家に友達が来ても自慢できるお部屋が完成できます。
1人暮らしにおすすめの間接照明10選はこちらから
これから1人暮らしを始める人などでも簡単に部屋の雰囲気をおしゃれにできる間接照明について紹介しています。
スポンサーリンク

選び方

まず初めに、ラグマットと言っても様々な種類があるので、どのようにして選んでいくのがいいのかということを解説していきます。

特に、今回は夏でも使いやすい物というところに焦点を当てていくので、見た目のデザイン性だけではなく、涼しくなる機能であったりを分類別に分けて紹介していきます。

ここで、あなたの持っているイメージを明確にしていくと選びやすくなります。

1.素材

ここでは、それぞれの素材の特徴について解説していきます。

①ひんやり素材

ひんやり素材とは、生地に触れた時にすぐ冷たい感覚が伝わってくるので外から帰ってきた時などにはリラックス効果を感じることが出来ると思います。

一方で、ずっとその場に座っていたりするとあまりそのひんやり効果を感じることは薄くなってしまうと思います。

なので家にいる時間は少ないけど、ちょっとでもいいからひんやりしておきたいという方におすすめです。

このひんやり度合いについて詳しい数値に表すと「Q-max値」という値で表すことができ、この値が大きいほど冷たく感じることが出来ます。ひんやりする素材が使われている時には表示われていることもあるのでチェックしてみてください。

Q-max値について

②い草

い草とは、天然素材を使っている為、空気を吸収したり、吐き出したりすることによって湿度の調節を行ってくれます。

そのため家の中を裸足で歩いても梅雨の時期などべたつきがなく寝転んだり歩いたりすることが出来ます。

い草独特のにおいや色というのはリラックス効果を期待できるので自然と落ち着いた気持ちにさせてくれ普段から家にいることが多い人等はストレスなく生活できるようになると思います。

 

③竹

竹製の物もい草同様天然素材でできている為、通気性であったり、抗菌消臭作用を自然と行ってくれます。

い草との違いとして、竹の素材の特徴として表面がひんやりしているので、蒸し暑い日などでも快適に過ごすことが出来ます。

 

④綿

綿とは高い吸湿性、吸汗性の効果があるため、良く汗をかく夏の時期でもさらっとした肌ざわりで使うことが出来ます。

また綿の特徴として、織り込んで作っていることが多いのでおしゃれデザインのものが多くあるため、肌ざわりやデザイン性にこだわりたいという方におすすめです。

 

⑤ウール

ウールと聞くと冬のイメージを持っているかたもいると思いますが、夏は湿度を吸収して、冬に放出してくれるため、一年中快適に過ごすことが出来る素材となっています。

また生地も厚い物が多くマットや絨毯ぽい感じが好きな方におすすめです。

 

素材によっても様々な特徴があるため、使い方に合わせた素材を選ぶことをおすすめします。

2.デザイン・大きさ

大きさについて

・6畳程度の大きさであれば、130㎝×200㎝以下の物
・8畳程度の大きさであれば160㎝×230㎝、200㎝×200㎝以下の物

さらには、お部屋に置く家具等の大きさに合わせた物を選ぶと問題ないでしょう。

特にソファーより小さくても、大きくてもバランスが悪くみえてしまうのでしっかりと寸法を確認してみることをおすすめします。

一般的に多く見かけるのが、四角いラグマットになります。

しかし、ラグマットには円形の物も存在します。

確かに、円形の物だと少し自分の部屋に合うのかどうか分からない。というか方もいるかもしれません。

ワンルームなどあまり広くないお部屋だと円形のラグマットでも置く場所がほとんど決まっていると思うのでそこまで難しさはないと思います。

やはり、王道は四角い形ではありますが、少しアクセントを加えたいという方は円形でも問題ないと思います。

カラー

色については、一番はあなたのお部屋の雰囲気と合うものを選ぶことが一番だと思いますが、

夏ということを意識するのではあれば、といった色があるだけで清涼感を受けることが出来ると思うのでおすすめです。

3.洗濯有無

夏に使うマットだと、どうしてもファブリーズだけではなくしっかりと洗っておきたいという気持ちがあると思いますが、ものによっては家庭で洗濯ができる物であったり、できない物があるので注意が必要です。

特に安易に洗濯などをしてしまうと色移りしてしまったりする場合もあります。

※洗濯ができない場合は中性洗剤を薄く溶かした水をタオルなどに含ませ固く絞ってふき取るなどを行ってください。

スポンサーリンク

ラグマット7選

今回は先ほど紹介した、素材などを中心に様々なラグを紹介していきます。

ここで紹介しているラグは全て楽天で購入することが出来ます。

興味のあるものがあればチェックしてみてください。

1.モダンデコ  冷感ラグ

このラグの特徴

・接触冷感生地仕様
ふっくらとした踏み心地
・メッシュ素材で通気性抜群
・抗菌、防臭加工
なんといっても表面が冷感加工されている為の転んだ時に涼しくなるのが特徴的!
カラーバリエーションもブルーからホワイトまでのさわやかなバリエーションがあるので、夏のでも部屋全体が涼しい印象となります。
さらにラグ自体も軽量で折り畳んでも省スペースで収まるので、簡単に模様替えできます。

2.DXピーア い草ラグ 

このラグの特徴

・モダンな市松模様
・裏地には不織布を貼ってあるため適度なクッション性
・カラーは2色
天然素材だからこその香りや清涼感を楽しめる!!
い草というと、シンプルなデザインが多いですが、このラグはい草を使用していますがカジュアルなデザインのためいろんな場所で使いやすいと思います。
※お手入れは掃除機を使用せずに柔らかい布で乾拭きする。

3.竹

このラグの特徴

・抗菌。除菌・防虫作用
ひんやり冷たい
・綿糸を張り付けて通気性抜群
天然素材の竹材だから、木よりも強度が2~3倍強く、耐久性に優れている!
通気性もよく、熱がこもりにくい素材だから、いつでもサラサラひんやり。
カラーバリエーションも2色でモダンなテイストに合うデザイン!


4.綿

このラグの特徴

・いろんな布を織り込んでいるのでしっかりとした厚みがある
・布のリサイクルで地球にやさしいマット
・ナチュラル以外の5カラーは布を織った後に自然素の染料で染めています。
1点ごと織物にしているからこそ同じデザインは存在しないところがいい!
アジアン系の雰囲気のお部屋と相性がよく雰囲気が良く、裸足で歩いた時の肌触りが気持ち良い!


5.ウール

このラグの特徴

・職人によって丁寧に織られたラグマット
・天然ウール素材で1年中快適に過ごせる
・保湿、吸収性、防炎、防汚機能
しっかりと織り込んで作られているから、デザイン性が高く、北欧、レトロ、アンティーク、カジュアル系等様々なお部屋にマッチする!
ウールの素材はあったかくなるイメージがある人も多いと思いますが、夏は湿気を吸収し、冬は湿気を放出することが出来るため、1年中使うことが出来る!
マットだけでなく、クッションカバーもありお部屋全体で統一感を出すことが出来る。


6. い草風 ラグマット

このラグの特徴

・い草風のマットで丈夫で汚れに強い素材のポリプロピレンを使用
・普段のお手入れは掃除機をさっとかけるだけでOKなのでお手入れ簡単
・カビやダニも発生しにくい素材
見た目のデザインは畳のような印象があるが、実際にはポリプロピレンを使っている為、
普段のお手入れも掃除機を掛けたり、水洗いをすることもできるため、子どもが落書きをしたり、
食べ物をこぼしても簡単に洗うことが出来ます。
モダンなデザインのため和室に合う雰囲気!


7.ラウンド ジュート

このラグの特徴

・海外インテリアのようなお部屋に欠かせないジュートラグ
丈夫でしっかりとした素材感
・シンプルなデザインにネイビーのラインでアクセント
インドの職人さんにより、ハンドメイドで丁寧に作られているからこそ丈夫でナチュラルな雰囲気
円形のデザインとなっているからどんなお部屋にも置くだけでアクセントをつけることが出来るようになる!
裸足でも問題なく使える素材感だから安心して使える!


スポンサーリンク

まとめ

夏のラグというのは、エアコンを使っていてもできるだけ涼しくしていたいですよね。

また湿度も高い時はべたつきがしないような吸湿性のいい物を選ぶと快適に過ごすことが出来ます。

今回は環境にやさしい天然素材のものまで紹介したので、参考になれば嬉しいです。

 

1人暮らしにおすすめの間接照明10選はこちらから
これから1人暮らしを始める人などでも簡単に部屋の雰囲気をおしゃれにできる間接照明について紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました