PR

アロマディフューザーの選び方!癒し・ストレス解消効果抜群!人気商品レビュー

便利アイテム

アロマディフューザーの選び方!癒し・ストレス解消効果抜群!人気商品レビュー

アロマディフューザーは、香りを使った癒しやリラクゼーション、空間の演出などに使用される人気のアイテムです。

しかし、種類や機能が豊富で選び方が分からないという方も多いでしょう。ここでは、アロマディフューザーの選び方について解説します。

この記事でわかることは以下の通りです。

  • アロマディフューザーの種類
  • アロマディフューザーの使用目的
  • アロマディフューザーのサイズやデザイン
  • アロマディフューザーのお手入れのしやすさ

アロマディフューザーについて知りたい人はこの記事をチェックしてください。

スポンサーリンク

アロマディフューザーのふさわしい選び方

  1. 超音波式
  2. 熱式
  3. ネブライザー式
  4. ファン式

アロマディフューザーの種類は大きく4つあります。

アロマディフューザーは、お部屋に自然の香りを拡散させ、リラクゼーションや気分転換を助けるためのアイテムです。

選び方一つでその効果は大きく変わるため、どのディフューザーを選ぶかは重要なポイントです

ここでは、アロマディフューザーの選び方におけるポイントを詳細に解説します。

超音波式

  • リラクゼーションや快眠促進に最適
  • 湿度上昇効果

超音波式ディフューザーは、水とアロマオイルを使って、微細なミストを発生させるタイプです。

静かで、湿度を若干上げる効果もあります。

夜間や乾燥する季節に最適で、リラクゼーションや快眠促進に役立ちます。

熱式

  • 香りを楽しみたい人
  • オイル選び重要

熱式ディフューザーは、熱を使ってアロマオイルを蒸発させるタイプで、香りが強く感じられます。

しかし、熱によってアロマオイルの性質が変わってしまう可能性があるため、オイル選びには注意が必要です。

ネブライザー式

  • リラクゼーション効果が高く、高濃度で香りを感じる

ネブライザー式ディフューザーは、アロマオイルをそのまま霧状にして拡散させるタイプです。

水を使わないため、オイルの純粋な香りを楽しむことができます。

リラクゼーション効果が高く、高濃度で香りを楽しむことができます。

ファン式

  • 広いスペースでの使用に向く

ファン式ディフューザーは、ファンの風でアロマオイルの香りを拡散させるタイプです。

比較的静かで、香りの拡散範囲も調節しやすいのが特徴です。

オフィスやリビングなど、広いスペースでの使用に向いています。

スポンサーリンク

アロマディフューザーの癒し・ストレス解消効果について紹介

アロマディフューザーの効果について解説します。主な効果としては4つあります。

  1. リラクゼーション
  2. 快眠促進
  3. 空気清浄
  4. 気分転換

アロマディフューザーを選ぶ際は、どのような目的で使用したいのかを明確にすることが大切です。

リラクゼーション、快眠促進、空気清浄、気分転換など、目的に応じて最適なディフューザーのタイプが異なります。

効果ごとにおすすめのタイプを紹介します。

リラクゼーション

  • 超音波式
  • ネブライザー式

リラクゼーションを目的とするなら、香りがゆっくりと拡散し、心地よい雰囲気を作り出せる超音波式やネブライザー式がおすすめです。

超音波式やネブライザー式は疲れた時やリラックスしたい時に効果的です。

快眠促進

  • 超音波式

快眠促進のためには、就寝前に使用できる静かなモデルを選ぶことが重要です。

超音波式ディフューザーは湿度も調節でき、リラックス効果が高いだけでなく音が静かなため睡眠中も使用しやすく、睡眠の質を向上させるのに適しています。

快眠におすすめのアイテムはこちら

空気清浄

  • ファン式
  • ネブライザー式

空気清浄を目的とする場合、ファン式やネブライザー式が効果的です。

ファン式は空気の流れを使って香りを拡散させ、空間全体を清潔に保つのに役立ちます。

また、ネブライザー式は高濃度の香りで空間を満たすため、空気を浄化する効果があります。

気分転換

  • 熱式
  • ファン式

短時間で気分を変えたい時は、香りの拡散速度が早い熱式やファン式がおすすめです。

特に、ファン式はファンの風でアロマオイルの香りを拡散させることが出来るためオフィスや作業スペースでの使用に適しています。

スポンサーリンク

アロマディフューザーのおすすめの機能とブランドを紹介

ディフューザーを選ぶ際、ただ香りを楽しむだけでなく、機能性にも注目することが大切です。

チェックするポイントとしては以下のようなものになります。

  1. タイマー機能
  2. 光の有無
  3. 静音性
  4. 容量と稼働時間

日々の生活にフィットする最適なディフューザーを見つけるために、主要な機能をチェックしてみましょう。

タイマー機能

ディフューザーにおけるタイマー機能は、使用時間を自動で制御できる便利な特徴です。

特に就寝時や長時間外出する際にディフューザーを使用する場合、予め設定した時間が経過すると自動的にオフになるタイマー機能があると、安全かつ経済的に香りを楽しむことができます。

タイマーは、短時間のものから長時間設定できるものまであり、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが重要です。

例えば、寝る前に使用する場合は、2~3時間自動で停止する設定が便利でしょう。

Minidivaのアロマディフューザーはブライザー式だから、水を使うことなく使用できます。

また自動的に電源を切る機能が4段階(1/2/4/8時間)設定が可能。

小さいサイズだから、お部屋だけでなく玄関や車にも置くことが出来るところが使いやすい。

光の有無

光を搭載したディフューザーは、実用性だけでなく、装飾的な役割も果たしてくれます。

アロマディフューザーは香りだけでなく、視覚的にも効果を与えてくれるものがあります。

特に夜間やリラックスタイムには、やわらかな光が心地良い雰囲気を作り出し、より一層リラクゼーション効果を高めてくれるでしょう。

光の有無や、色の変更が可能かどうかは、モデルによって異なります。

リビングやベッドルームなど、設置場所や用途に応じて選ぶと良いでしょう。

BWJBSWのアロマディフューザーは超音波式で、肌の乾燥や空気を加湿をしてくれます。

また、静音性も高いため、睡眠中にも使用しやすいです。

静音性

ディフューザーの静音性は、特に寝室や静かな環境での使用を考えている場合には重要なポイントです。

動作音が大きいと、リラックス効果が減少するだけでなく、就寝を妨げる原因にもなりかねません。

ほとんど音を立てずに動作する超静音タイプのディフューザーもあるので、購入前には動作音のレベルを確認すると良いでしょう。

NEXTe PLUSは超音波式と加熱式のハイブリットのモデルのため、パワフルな加湿力と清潔な冷・温ミストが実現。

  • 【大容量】4.2 L大容量タンクであり、水を満タンにすると、強モードで11時間連続して使用することができます。
  • 【省エネ】毎日の消費電力も少なくエコで、オールシーズン使用可能
  • 【軽 量】約0.95キロの軽量タイプので、持ち運びや清掃が容易で、室内のあらゆる場所へ移動時も便利。
  • 【乾燥対策】加湿量は320ml/hで、秋冬に乾燥対策・インフルエンザ対策・花粉症対策。

容量と稼働時間

ディフューザーを選ぶ際、容量と稼働時間も重要な要素の一つです。

容量が大きければ一度に多くの水を入れることができ、頻繁に水を足す手間を省けます。

また、稼働時間は、ディフューザーが一度にどれくらいの時間動作するかを示しており、長時間使用したい場合は長い稼働時間を持つモデルを選ぶと良いでしょう。

ただし、容量が大きく稼働時間が長いモデルはサイズが大きくなる傾向にあるため、設置場所を考えて選ぶ必要があります。

ASAKUKIのアロマディフューザーであれば、300mlの大容量タンクのため、最大約10時間使用が可能です。その分、大きさは‎16.1 x 11.7 x 11.5 cmとなっています。

一方で、RHYTHMのアロマディフューザーはファン式でコードレスタイプと小型な所が特徴的となっていて、ベッドサイドから洗面ルーム、リビング、デスク周りで使いやすくなっています。

アロマディフューザーのサイズとデザインを選ぶ

アロマディフューザーのサイズとデザインのポイントは以下の通りとなっています。

  • 置き場所を考える
  • インテリアに合うデザイン
  • 持ち運びのしやすさを考える

ディフューザーは単なる実用品ではなく、お部屋のインテリアとしての役割も担います。

サイズやデザインを選ぶことで、お部屋に馴染む最適なディフューザーを見つけることができます。

置き場所を考える

ディフューザーを設置する場所は、使用する場所の広さやディフューザーの出力量に応じて考える必要があります。

例えば、広いリビングにはパワフルな出力を持つ大型のディフューザーが適していますが、小さな寝室や勉強部屋では、コンパクトサイズのディフューザーで十分な場合が多いです。

設置場所のスペースや、ディフューザーからの距離も考慮して選ぶことが大切です。

大きい部屋におすすめの商品→ASAKUKI

小さい部屋におすすめの商品→Minidiva

インテリアに合うデザイン

ディフューザーのデザインは実に多岐にわたり、ミニマルなものから個性的なデザインまで揃っています。

お部屋のインテリアや雰囲気に合うものを選ぶことで、空間の一部として溶け込み、より心地よい環境を作り出すことができます。

また、季節や気分に合わせてディフューザーを変えることも、お部屋の印象を変える楽しい方法の一つです。

インテリアとしておすすめの商品→BWJBSW

小さい部屋のインテリアにおすすめの商品→Minidiva

持ち運びのしやすさ

ディフューザーの中には、持ち運びや移動がしやすいように設計されたモデルもあります。

自宅の中で場所を変えて使用したり、オフィスや旅行先へ持って行くことを考える場合は、軽量でコンパクトなディフューザーが便利です。

バッテリー駆動のディフューザーならば、コードレスでどこでも使えるため、さらに利便性が高まります。

コードレスの商品→RHYTHM

ディフューザーお手入れのしやすさ

ディフューザーを長く快適に使い続けるためには、定期的なお手入れが必要です。

お手入れのしやすさは、ディフューザーの選び方においても重要なポイントとなります。

掃除の頻度

ディフューザーの掃除の頻度は、使用する頻度や水質により異なりますが、一般的には週に1回程度の清掃が推奨されます。

定期的な掃除を行うことで、カビや雑菌の繁殖を防ぎ、常に清潔な状態を保つことができます。

掃除を怠ると、機能不全を起こしたり、不快な臭いの原因となることもあるため、注意が必要です。

清掃方法

ディフューザーの清掃方法は製品によって異なりますが、基本的には水タンク部分を中心に清掃します。

タンクと本体を分解できるモデルなら、より丁寧に洗浄が可能です。

清掃には中性洗剤を使用し、よく乾燥させた後に組み立てることが大切です。

また、定期的にエッセンシャルオイルの残留物も拭き取ることで、長期間にわたってディフューザーを清潔に保つことができます。

まとめ

この記事では、アロマディフューザーの選び方について解説してきました。

アロマディフューザーの効果は以下の通り

  1. リラクゼーション
  2. 快眠促進
  3. 空気清浄
  4. 気分転換

アロマディフューザーを選ぶ際は、使用目的、デザイン、種類、機能性など様々な側面を慎重に考慮する必要があります。

機能については以下ポイントに注意をして選ぶことが大切です。

  1. タイマー機能
  2. 光の有無
  3. 静音性
  4. 容量と稼働時間

生活空間にリラックス感や集中力向上、または快適な睡眠をもたらすために、自分の求める目的に合ったアロマディフューザーを選択することが大切です

具体的には、部屋のサイズやアロマオイルの種類に適したモデルを見つけることが推奨されます。

水を使わないネブライザー型や、水を活用する超音波型など、各々の特長を理解し選び方に反映させることで、より充実したアロマ体験が期待できます。

さらに、定期的なメンテナンスのしやすさや、音量、灯りの有無など、ディフューザーの機能面にも注目しましょう。最適なアロマディフューザーを選ぶことで、日々の生活に豊かな香りと憩いの時間をもたらすことができます。

その他にもこのような記事がおすすめです。↓

タイトルとURLをコピーしました